超高圧ジェット洗浄

その設備を、よみがえらせるために

設備を長期間使っていると、配管内にスケール(汚れ)が付着してしまいます。
ジェット洗浄を用いることで、効率的にスケールを除去し、設備の稼動効率がよみがえります。

ジェット洗浄とは?

高圧水発生装置で加圧された高圧水をノズルから噴射し、その時の衝撃力を利用し洗浄を行います。
高圧水の区分(1MPa≒ฺ10kgf/cm2)

1表組

区 分 水圧範囲 主な用途
高 圧 10~30MPa(100~kgf/cm2) 配管内洗浄 ・ 熱交換器洗浄 ・ タンク内面洗浄
30~100MPa(300~1,000kgf/cm2) 硬質スケール剥離 ・ コンクリートはつり等
超高圧 100~300MPa(1,000~3,000kgf/cm2) 塗装剥離 ・ 非破壊検査前表面処理等

ジェット洗浄の種類

熱交換器洗浄

熱交換器のチューブ内面にスケールが付着すると、熱交換率が低下してしまいます。そこで、ジェット洗浄を行い、効率的にスケールを除去、洗浄します。
スケール除去によって、熱交換器が持っていた従来の機能に回復させることができます。

配管内洗浄

配管内にスケールが付着すると、液体の流れが滞ってしまい、業務に支障をきたしてしまいます。ジェット洗浄でスケールを除去すれば、再びスムーズに液体を運ぶことができます。

塗装剥離

圧力100MPa以上の強力なジェット噴射によって、硬質な塗装・ライニングの皮膜を剥離することが出来ます。